かべぎわブログ

技術的なことについてかけたらいいな…

GCPのCloud Source Repositoriesをはじめてつかってpushするまで

Google CloudのGitリポジトリであるCloud Source Repositoriesをつかいはじめてローカルからpushするまでやってみたいと思います。

手順

リポジトリの作成

GCPのコンソールからCloud Source Repositoryをえらんで、「開始」を選択します。
f:id:kabegiwakun:20190131214357p:plain

「リポジトリを作成」を選択します。
f:id:kabegiwakun:20190131214920p:plain

今回は空のリポジトリを作成してみたいと思います。
f:id:kabegiwakun:20190131215012p:plain

適当にリポジトリ名をつけて、このリポジトリを利用したいGCPのプロジェクトを選択して作成です。
f:id:kabegiwakun:20190131215316p:plain

これで空のリポジトリの完成です!!!!!!!!

ローカルに作成したリポジトリのクローンを作成

まだ初期設定をいろいろしていない場合はgcloud initでいろいろ設定しておきます。

$ gcloud init

ローカルにさきほど作成したリポジトリのクローンを作成します。
articulate-wawawaの部分は自分のプロジェクトに適宜置き換えてあげてください。

$ gcloud source repos clone kabegiwa-repository --project=articulate-wawawa

Cloning into '/home/kabegiwa/kabegiwa-repository'...
warning: You appear to have cloned an empty repository.
Project [articulate-wawawa] repository [kabegiwa-repository] was cloned to [/home/kabegiwa/kabegiwa-repository].

クローンができあがりました!!!!!!

$ ls -la kabegiwa-repository/
total 0
drwxrwxrwx 1 kabegiwa kabegiwa 4096 Jan 31 22:00 .
drwxr-xr-x 1 kabegiwa kabegiwa 4096 Jan 31 22:00 ..
drwxrwxrwx 1 kabegiwa kabegiwa 4096 Jan 31 22:00 .git

コードをCommitしてPushする

なにか適当なコードをCommitしてPushしてみます。

てきとうにファイルをつくって

$ echo 'wawawa' > ./wawawa.txt

addして

$ git add wawawa.txt

commitして

$ git commit -m 'first commit'

[master (root-commit) cd92ae8] first commit
 1 file changed, 1 insertion(+)
 create mode 100644 wawawa.txt

pushします。

$ git push origin master

Counting objects: 3, done.
Writing objects: 100% (3/3), 212 bytes | 212.00 KiB/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To https://source.developers.google.com/p/articulate-wawawa/r/kabegiwa-repository
 * [new branch]      master -> master

ブラウザ上のCloud Source Repositortyを確認してみると無事にCommitされていることがわかります。
f:id:kabegiwakun:20190131220930p:plain

おわりに

ここに格納することでGCP上のいろいろなサービスと連携させるのが簡単になってすごくべんり

Google Cloud Platform エンタープライズ設計ガイド

Google Cloud Platform エンタープライズ設計ガイド