かべぎわブログ

技術的なことについてかけたらいいな…

RaspberryPiにHiLetGoの激安カメラモジュールを装着してみる

今回はRaspberryPiにHiLetGoの激安カメラモジュールを装着してみようと思います。
f:id:kabegiwakun:20170830231144j:plain 以下のカメラモジュールを使います。
(HiLetgo OV5647 5MP カメラ OV5647 HDカメラモジュール Raspberry Pi に対応 A/B+/2 モデルB ケーブル)

RaspberryPi純正のカメラモジュールの5分の1のお値段でHD対応です。

カメラモジュールを装着する

画面中央の場所にカメラを装着します。
端子面がHDMIMicroSD側になるようにケーブルをいれます。 f:id:kabegiwakun:20170830225053j:plain f:id:kabegiwakun:20170830225044j:plain

これで装着は完了です。かんたんですね。

RaspberryPiでカメラを有効にする

初期設定ではRaspberryPiの設定でカメラがOFFになっているのでそれを有効にします。

「メニュー」→「設定」→「Raspberry Piの設定」を選択します。 f:id:kabegiwakun:20170830225113j:plain

インターフェイス」タブを選択し、「カメラ」を「有効」にして「OK」を選択します。 f:id:kabegiwakun:20170830225614j:plain

RaspberryPiを再起動するか聞いてくるので「はい」を選択します。 f:id:kabegiwakun:20170830225102j:plain

これでRaspberryPiの設定は完了です。

写真を撮ってみる

実際に写真を撮ってみようと思います。
以下のコマンドをコンソールで実行すると、ホームディレクトリにtest.jpgという画像が保存されるはずです。

raspistill -o test.jpg

とりあえずカメラモジュールを手で持ってコマンドを実行してみます。 f:id:kabegiwakun:20170830231054j:plain

撮れました! f:id:kabegiwakun:20170830231311j:plain

まとめ

800円とは思えないほどきれいに撮れました。
(iPadの指紋まで…)

RaspberryPiでカメラを試してみたい!
という方にはかなりおすすめです!!!