かべぎわブログ

技術的なことについてかけたらいいな…

【RaspberryPi】タクトスイッチでLEDをON/OFFさせてみる

今回はRaspberryPiとタクトスイッチをつかってLEDをON/OFFして見たいと思います。

配線図

f:id:kabegiwakun:20170820200225p:plain

ちょっと複雑ですね。

役割としては以下の2つに分かれています。

コード

gist126c5015b8220925921af1430eb4a24b

かんたんに説明すると
まず7行目GPIO.setup(15,GPIO.OUT)でLEDと接続しているGPIO15のを出力設定を行っています。

8行目はタクトスイッチとつながっているGPIO14の設定です。GPIO.setup(14,GPIO.IN)とすることで入力設定を行います。INが入力でOUTが出力です。

13行目はタクトスイッチの状態によっての分岐です。タクトスイッチが押されている状態がGPIO.input(14) == GPIO.HIGHですのでGPIO.output(15,GPIO.HIGH)でLEDを点灯させています。

実際にやってみたところ


【RaspberryPi】タクトスイッチでLEDをON/OFFさせてみる