かべぎわブログ

技術的なことについてかけたらいいな…

raspistillにいろいろなオプションをつけて写真を撮影してみる

普通に撮る

$ raspistill -o peyang_01.jpg

f:id:kabegiwakun:20180715182955j:plain

左右反転で撮る

$ raspistill -hf peyang_02.jpg

f:id:kabegiwakun:20180715183021j:plain

上下反転で撮る

$ raspistill -vf -o peyang_0vf.jpg

f:id:kabegiwakun:20180715183046j:plain

上下左右反転で撮る

$ raspistill -hf -vf -o peyang_03.jpg

f:id:kabegiwakun:20180715183120j:plain

サイズを指定して撮る

-wで横-hで縦のサイズを指定します。

$ raspistill -w 128 -h 96 -o peyang_04.jpg

f:id:kabegiwakun:20180715183143j:plain

jpgのクオリティを指定して撮る

1~100でクオリティを指定します。
画像は10のもの。

$ raspistill -q 10 -o peyang_05.jpg

f:id:kabegiwakun:20180715183202j:plain

撮影時に詳細情報を出力する

標準出力にいろいろ情報をだしてくれる。

$ raspistill -v -o peyang_06.jpg

raspistill Camera App v1.3.11

Width 2592, Height 1944, quality 85, filename peyang_06.jpg
Time delay 5000, Raw no
Thumbnail enabled Yes, width 64, height 48, quality 35
Link to latest frame enabled  no
Full resolution preview No
Capture method : Single capture

Preview Yes, Full screen Yes
Preview window 0,0,1024,768
Opacity 255
Sharpness 0, Contrast 0, Brightness 50
Saturation 0, ISO 0, Video Stabilisation No, Exposure compensation 0
Exposure Mode 'auto', AWB Mode 'auto', Image Effect 'none'
Metering Mode 'average', Colour Effect Enabled No with U = 128, V = 128
Rotation 0, hflip No, vflip No
ROI x 0.000000, y 0.000000, w 1.000000 h 1.000000
Camera component done
Encoder component done
Starting component connection stage
Connecting camera preview port to video render.
Connecting camera stills port to encoder input port
Opening output file peyang_06.jpg
Enabling encoder output port
Starting capture -1
Finished capture -1
Closing down
Close down completed, all components disconnected, disabled and destroyed

f:id:kabegiwakun:20180715183229j:plain

撮影までの時間を指定する

コマンド実行から撮影までの時間をミリ秒単位で指定する。
オプション省略時のデフォルトは5000ミリ秒
あまり短く設定すると露光時間が短いので暗い画像になります。

$ raspistill -t 10 -o peyang_07.jpg

f:id:kabegiwakun:20180715183252j:plain

タイムラプス(連射)で撮影する

-tで撮影時間を指定して-tでその単位をしていします。
この例では3000ミリ秒の間に1000ミリ間隔で撮影するようにしています。
jpg出力はpeyang_time01.jpgといった出力になります。

$ raspistill -t 3000 -tl 1000 -o peyang_time%02d.jpg

f:id:kabegiwakun:20180715183346j:plain
f:id:kabegiwakun:20180715183414j:plain
f:id:kabegiwakun:20180715183433j:plain
f:id:kabegiwakun:20180715183448j:plain

エンコードを指定して出力する

jpg bmp gif pngが指定できます。

$ raspistill -e gif -o peyang_08.gif

f:id:kabegiwakun:20180715183512g:plain

おわりに

撮影風景
f:id:kabegiwakun:20180715183600p:plain