かべぎわブログ

技術的なことについてかけたらいいな…

Raspberry Pi で Google Home を喋らせてみる

Google HomeをRaspberry Piから喋らせてみたいと思います。

環境

  • Raspberry Pi 3 (raspbian v8.0)
  • Google Home (miniじゃないやつ)

手順

以下を参考にしました。

https://qiita.com/ktetsuo/items/8c9cd5714e231aa6ae09

古いNode.jsのアンインストール

$ sudo apt-get autoremove nodejs

nvmのインストール

nvmのディレクトリを作成して

$ sudo mkdir ~/.nvm
$ sudo chmod 777 ~/.nvm

git cloneでnvmをもってきて

$ git clone https://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm

nvm.shを読み込ませる。

$ source  ~/.nvm/nvm.sh

nvmがインストールできました!

$ nvm --version
0.33.8

新しいNode.jsのインストール

Node.jsのバージョンのリストを確認
(以下の出力はみやすいようにいらないやつを削っています)

$ nvm ls-remote
         v8.8.0
         v8.8.1
         v8.9.0   (LTS: Carbon)
         v8.9.1   (LTS: Carbon)
         v8.9.2   (LTS: Carbon)
         v8.9.3   (LTS: Carbon)
         v8.9.4   (LTS: Carbon)
->      v8.10.0   (Latest LTS: Carbon)
         v9.0.0
         v9.1.0

LTSの最新版であるv8.10.0をインストールしてみます。

$ nvm install v8.10.0

Node.jsがインストールできました!

$ node --version
v8.10.0

npmもインストールできているはずです。

$ npm --version
5.6.0

google-home-notifierのインストール

作業用ディレクトリ作成

$ mkdir googlehome
$ cd ./googlehome

npm initを実行してgooglehomeディレクトリでnpmを実行できるようにします。
いろいろ聞かれますが全部EnterでOKです。

$ npm init

avahiの開発用パッケージをインストールします。
内部でこれを利用しているようでインストールしておかないとエラーになります。

$ sudo apt-get install libavahi-compat-libdnssd-dev

満を持してgoogle-home-notifierのインストールです!!!

$ npm install google-home-notifier

実際にGoogle Homeをしゃべらせる

以下のスクリプトを配置します。

4行目のIPアドレスの部分は自分のGoogle HomeのIPアドレスに変更してみてください。

Google HomeのIPアドレスの確認するにはスマホのGoogle Homeアプリから
「デバイス」→IPアドレスを知りたいGoogleHome→「設定」の一番下にIPアドレスが記載されています。

スクリプトを実行すると実際に喋ります!

# node ./test.js

おわりに

今回は定型句を喋らせただけでしたが、なにかスクレイピングしてきてGoogleHomeから通知させるなど、夢が広がりますね!!!