かべぎわブログ

技術的なことについてかけたらいいな…

pi-top CEED 買ったので開封レビューと組み立て

いまさらですがpi-top CEEDを買いましたので開封、組み立てていきます。

開封してみる

イギリスからものが届きました。
f:id:kabegiwakun:20180124202644j:plain

これをあけるとこんなかんじです。
いいかんじの箱があらわれました。
f:id:kabegiwakun:20180124202753j:plain

箱の裏面はこんなかんじ。
f:id:kabegiwakun:20180124202851j:plain

箱を開けてみると箱いっぱいに本体がはいっています。
かっちり正方形です。
f:id:kabegiwakun:20180124203322j:plain

本体をどけるとこんなかんじでパーツやマニュアルがはいっています。
f:id:kabegiwakun:20180124203424j:plain

内容物を確認する

さて、組み立てる前に内容物を確認していきます。

今回はRaspberryPi同梱のpi-topCEEDと、オプションでpi-topSPEAKERとpi-topPROTOというGPIO付きの基盤を購入しています。

Raspberry Pi 本体

まず、RaspberryPi本体です。
RaspberryPi 3 Model Bです。
f:id:kabegiwakun:20180124203751j:plain
箱の中で紙袋みたいなものに入っていてかっこいい!
f:id:kabegiwakun:20180124203842j:plain

電源ケーブル

続いて電源ケーブルです。
プラグの部分が取り外せるようになっています。 f:id:kabegiwakun:20180124204024j:plain
装着します。
f:id:kabegiwakun:20180124204453j:plain

ちなみに公式から購入した場合、プラグの形状を選ぶことができます。日本の場合はUStypeを選択すればOKです。

microSDHCカード(pi-top OSインストール済み)

pi-top OSがインストール済みのmicroSDHCカードです。
SanDisk製のCLASS 10の8GBです。 SDカードアダプターは利用しないので捨てちゃってかまわないです(たぶん)
f:id:kabegiwakun:20180124204627j:plain

CPU ヒートシンク

RaspberryPiのCPUに取り付けるヒートシンクです。
シール式でペタッと貼り付けるだけのタイプのやつです。
f:id:kabegiwakun:20180124210641j:plain

GPIOカード

RaspberryPiのGPIOの各端子を示したカードです。
twitter idもかいてあります。
f:id:kabegiwakun:20180124211147j:plain

マニュアル

マニュアルです。
英語です。
f:id:kabegiwakun:20180124205731j:plain

pi-top SPEAKER(別売り)

pi-top専用のスピーカーです。
本体とは別に購入する必要があります。
pi-top CEED単体では音が出ません。
音とか必要ないよ。という場合には購入しなくてもいいと思います。
$19.99でした。 f:id:kabegiwakun:20180124210127j:plain
はこを開けるとこんなかんじでスピーカーがはいっています。
かわいい。
f:id:kabegiwakun:20180124210203j:plain

pi-top PRORO(別売り)

GPIO月の基盤です。
電子工作とかで遊びたい場合に大活躍するはずです。
$6.99です。
f:id:kabegiwakun:20180124210928j:plain
はこを開けるとこんなかんじで基盤とそれをとめるねじ類がはいっています。
f:id:kabegiwakun:20180124211012j:plain

本体を組み立てる

さて、ここからは実際に本体を組み立てていきたいと思います。

RaspberryPiにmicroSDカードを挿入する

SDカードアダプターからmicroSDカードを取り出し、RaspberryPi裏面に挿入します。
f:id:kabegiwakun:20180124211321j:plain

RaspberryPiに磁石付きのねじをはめる

RaspberryPiの裏面の4つの穴に写真のように磁石付きのネジをはめます。
f:id:kabegiwakun:20180124211555j:plain

pi-top CEED のふたを開ける

pi-top CEEDの下の蓋を開けます。
手でスライドするだけでひらくことができます。
f:id:kabegiwakun:20180124211905j:plain
ひらきました。
f:id:kabegiwakun:20180124211924j:plain

RaspberryPiにHDMIケーブルを接続する

pi-top CEEDから出ているHDMIケーブルをRaspberryPiの端子に接続します。
(画像ではRaspberryPiにGPIOカードを装着していますが気にしなくていいです。) f:id:kabegiwakun:20180124212100j:plain

RaspberryPiを所定の位置に設置する

Raspberry Piをスライドさせて、pi-top CEEDの横に設置します。
端子類が外から見えるようにします。
f:id:kabegiwakun:20180124213025j:plain

GPIOケーブルを接続する

pi-top CEEDのGPIOケーブルをRaspberryPiに接続します。
f:id:kabegiwakun:20180124213126j:plain

RaspberryPiにヒートシンクをつける

わすれていました。
RaspberryPiにヒートシンクを装着します。
このタイミングである必要はないです。
f:id:kabegiwakun:20180124213327j:plain
RaspberryPiのCPUにペタッとはりつけます。
f:id:kabegiwakun:20180124213343j:plain

ふたをしめる

ふたをしめます。 f:id:kabegiwakun:20180124213211j:plain

電源ケーブルをさし、電源ボタンを押して電源をいれる

本体横に電源ケーブルをさし、ボタンをいれます。
ボタンはすこしかたいので、強く長めにおすとよいです。
f:id:kabegiwakun:20180124213439j:plain
電源がつきました!
f:id:kabegiwakun:20180124213604j:plain
これでpi-top CEEDの組み立ては完了です!!!

雑レビュー

全体的に

おもいのほか質感がしっかりしていてけっこうかっこいいガジェットだと思います。
我が家ではこんなかんじにおいてあります。
f:id:kabegiwakun:20180124214022j:plain

画面

液晶画面はノングレアです。
f:id:kabegiwakun:20180124214326j:plain

角度調整

画面の角度の調整も
こんくらいから
f:id:kabegiwakun:20180124214428j:plain
こんくらいまでいけます
f:id:kabegiwakun:20180124214456j:plain

pi-top OS

OSに関しては1,2時間さわっただけですが、特にRaspbianとの差異のようなものは感じていないです。
ちなみにRaspbianをインストールしてつかっても何も問題ないようです。

値段

pi-topの公式から購入しまして値段はいかのような感じでした。

  • pi-top CEED(RaspberryPi入り) $149.99
  • pi-top SPEAKER $19.99
  • pi-top PROTO $6.99
  • 送料 $39.89
  • 消費税/関税手数料 \2280

合計: 26,032円
($1 = \109.52で計算)

このくらいのお値段です。お手頃かそうでないかはわからない。

個人的にはRaspberryPiへの入門や、安価なLinuxマシンがほしいといった場合には買いだと思います。

↓公式 pi-top.com

おわりに

日本国内では以下などで購入することができます。
以下はRaspberryPiが含まれていないので公式から買うよりも少し割高にはなってしまいますが、RaspberryPiをすでに持っていたり、送料のことなど考えると同じくらいのコストで手に入れることが可能かと思います。

pi-top CEED 日本仕様 (Raspberry なし, グリーン 緑色)

pi-top CEED 日本仕様 (Raspberry なし, グリーン 緑色)