かべぎわブログ

技術的なことについてかけたらいいな…

AWS Well-Architected Framework 5つの柱まとめ

AWS Well-Architected Framework 5つの柱について自分なりにまとめてみました。

セキュリティ

  • すべてのレイヤーをセキュリティで保護する。
  • リソースの変更やインスタンス内部へのログインなどログを記録する。
  • セキュリティの確保を自動化させる。

信頼性

  • 障害からの復旧、回復が迅速にできるようにする。
  • 障害からの復旧を自動化する。
  • 可用性を向上するため適切にスケーリングを設定する。
  • 長年の勘とかに頼らない。

パフォーマンス効率

  • 最新の技術を導入してその恩恵をうける。
  • 分単位でデプロイを行う。
  • サーバレスアーキテクチャを利用する。
  • 適切な技術を導入する。

コストの最適化

  • 不必要なコストを排除する。
  • データセンターへの投資をやめる。
  • 支出を分析する。
  • マネージドサービスを利用して使用量を抑える。

運用上の優秀性

  • コードで運用作業を実施する。
  • 変更処理を自動化する。
  • 想定外の障害などに対応するためのテストを行う。
  • 手順は常に最新に保つ。

参考資料

https://aws.amazon.com/jp/architecture/well-architected/ http://media.amazonwebservices.com/jp/wp/Well-Architected_Whitepaper_v2_JP.pdf

AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus)

AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus)

  • 作者: 吉田真吾,今井智明,大瀧隆太,松井基勝,冨永善視,藤原吉規,大栗宗
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2016/02/26
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る