かべぎわブログ

技術的なことについてかけたらいいな…

RaspberryPiでHiLetGoの雨滴センサーの値をデジタル入力で取得してみる

RaspberryPiでHiLetGoの雨滴センサーの値をデジタル入力で取得してみたいと思います。
今回使うのはこちら

配線図

雨滴センサのいい感じの絵がなかったので手書きです。 f:id:kabegiwakun:20170905074102p:plain

雨滴センサーには4つのピンがあります。

ピンの名前 説明
VDD 電源
GND GND
DO デジタルアウト
AO アナログアウト

f:id:kabegiwakun:20170905074407j:plain

表のようにRaspberryPiと接続します。
今回はAOのピンはつかいません。

RaspberryPi 雨滴センサー
3.3V VDD
GND GND
GPIO(15) DO

コード

RaspberryPi

コードの簡単な説明

18行目でGPIO15の値が1であれば晴れ、そうでなければ雨を表示するように分岐させています。
これはこの雨滴センサーがセンサー部が乾いていたら1、濡れていたら0を返す仕様だからです。

実際に動かしてみたところ


RaspberryPiで雨滴センサ(LM393)の値をデジタル入力で取得してみる

まとめ

デジタル出力がついているとRaspberryPiでもかんたんに扱えますね!
これをベランダに置いて雨が降ってきたら通知するなど、夢が広がります!!!