かべぎわブログ

技術的なことについてかけたらいいな…

WSLのUbuntuにServerspecをインストールする

Windows Subsystem for Linux上のUbuntuにServerspecをインストールしてみたいと思います。     

手順

こんなかんじでインストールすることができます。

gitのインストール

まずgitをインストールします。

$ sudo apt-get install git

Ruby関係のインストール

ServerSpecはRubyのRSpecを利用したものなのでRubyをインストールしてあげる必要があります。

rbenvのインストールと設定

git cloneでrbenvをもってきて

$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv

PATHをとおしてあげて

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

.bash_profileを再読込してあげる

$ source ~/.bash_profile

ruby-buildのインストール

$ mkdir -p "$(rbenv root)"/plugins
$ git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git "$(rbenv root)"/plugins/ruby-build
$ sudo apt-get install autoconf bison build-essential libssl-dev libyaml-dev libreadline6-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm5 libgdbm-dev

Rubyのインストール

Rubyのこの時点での最新版の2.6.0をインストールします。

$ rbenv install 2.6.0

利用するRubyのバージョンを指定

$ rbenv global 2.6.0

インストールできました!

$ ruby --version
ruby 2.5.1p57 (2018-03-29 revision 63029) [x86_64-linux-gnu]

Serverspecのインストール

Rubyがはいっていればこれだけでインストールができます。

$ gem install serverspec

Serverspec

Serverspec