かべぎわブログ

技術的なことについてかけたらいいな…

WSLのUbuntuにGoogle Cloud SDKをインストールする

Windows Subsystem for Linux上のUbuntuにGoogle Cloud SDKをインストールしてみたいと思います。

手順

こんなかんじでインストールすることができます。

Cloud SDKのリポジトリの環境変数を作成

$ export CLOUD_SDK_REPO="cloud-sdk-$(lsb_release -c -s)"

パッケージ元としてCloud SDKを追加

途中でパスワードをきかれるので入力してあげる。

$ echo "deb http://packages.cloud.google.com/apt $CLOUD_SDK_REPO main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list.d/google-cloud-sdk.list

GCPの公開鍵をインポート

$ curl https://packages.cloud.google.com/apt/doc/apt-key.gpg | sudo apt-key add -

Cloud SDKを更新してインストール

$ sudo apt-get update && sudo apt-get install google-cloud-sdk

これでインストールは完了です!!!!!

インストール完了

インストールできました!!!!

$ gcloud --version
Google Cloud SDK 229.0.0
alpha 2019.01.04
beta 2019.01.04
bq 2.0.39
core 2019.01.04
gsutil 4.35
kubectl 2019.01.04



おわり

Google Cloud Platformではじめる機械学習と深層学習

Google Cloud Platformではじめる機械学習と深層学習