かべぎわブログ

技術的なことについてかけたらいいな…

docker diffでコンテナ内の変更を確認する

概要

docker diffコマンドをつかってコンテナ起動からのコンテナ内の変更を確認してみます。

コマンド例

たとえばこんなかんじでコンテナ内にいろいろファイルをつくってみるとする。

$ sudo docker ps
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED             STATUS              PORTS               NAMES
5bc287372e97        centos              "/bin/bash"         16 minutes ago      Up 16 minutes                           elegant_ride

$ sudo docker exec -it 5bc287372e97 /bin/bash
# touch wawawa
# echo sasasa > sasasa.txt
# ls -l wawawa sasasa.txt 
-rw-r--r-- 1 root root 7 Jul 18 13:49 sasasa.txt
-rw-r--r-- 1 root root 0 Jul 18 13:49 wawawa

docker diffでコンテナ内の変更結果を確認してみる。

$ sudo docker diff 5bc
C /root
A /root/.bash_history
A /sasasa.txt
A /wawawa

ちなみにCがCreate(作成)でAがAdd(追加)

おわりに

コンテナのなかにはいってファイルを直接いじるっていうのはあんまりやらないほうがいいよね。

Docker

Docker