かべぎわブログ

技術的なことについてかけたらいいな…

AWSCLIの出力にjoinで文字列をくっつけて出力する

概要

AWSCLIの出力結果にjoin()をつかって任意の文字列をくっつけて出力してみたいと思います。

実際にやってみる

インスタンスIDを出力してみると通常はこんな感じですが

$ aws ec2 describe-instances --query 'Reservations[].Instances[].InstanceId' --output text

i-070c13018a4405fca i-0fbf66c8fdc22b7a8 i-0a5516da9898bf83a

こんなかんじで配列形式でバッククォートでくっつけたい文字列を書いてあげると一緒に出力することができます。

$ aws ec2 describe-instances --query 'Reservations[].Instances[].[`インスタンスIDは`,InstanceId,`です`]' --output text

インスタンスIDは i-070c13018a4405fca です
インスタンスIDは i-0fbf66c8fdc22b7a8 です
インスタンスIDは i-0a5516da9898bf83a です

これにjoinをつけてあげるとこんな感じになります。

$ aws ec2 describe-instances --query 'Reservations[].Instances[].join(``,[`インスタンスIDは`,InstanceId,`です`])' --output text

インスタンスIDはi-070c13018a4405fcaです    インスタンスIDはi-0fbf66c8fdc22b7a8です    インスタンスIDはi-0a5516da9898bf83aです

joinありの場合ではインスタンスIDは です も含めて一つの項目として出力していることがわかります。

join(区切り文字,くっつけたいもの) で指定してあげます。

おわりに

まぁ再利用しやすくなるからあんまり好きではないけどNE

Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド 改訂第2版 (Informatics&IDEA)

Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド 改訂第2版 (Informatics&IDEA)

  • 作者: NRIネットコム株式会社,佐々木拓郎,林晋一郎,小西秀和,佐藤瞬
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2018/03/23
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る