かべぎわブログ

技術的なことについてかけたらいいな…

Amazon Linux2からGitHubのリポジトリへPushする

Amazon Linux2からGitHub上のリポジトリへPushするやりかたです。

環境

  • Amazon Linux2
  • GitHub上にはリポジトリはすでに存在している

Pushするまでの手順

AmazonLinux2からGitHub上のパブリックリポジトリへPushする方法を記載していきます。

事前準備

Gitをインストールする

まずGitをインストールします。
Amazon Linux2ではGitははいっていないのでインストールしてあげる必要があります。

$ sudo yum install git

ローカルリポジトリを作成する

ローカルリポジトリを作成したいディレクトリに移動してから、git initコマンドでローカルリポジトリを作成します。

$ git init

git configでユーザ名とメールアドレスを設定する

誰がCommitしたのかを記録するためにgit configでユーザ名を設定しておきます。

$ git config --global user.name "takakabe"

メールアドレスも設定しておきます。

$ git config --global user.email kabegiwablog@example.com

GitHubにssh接続するための鍵を作成する

GitHubにssh接続するために利用するsshキーを作成します。 パスワードをきかれますので任意のパスワードを設定してあげてください。

$ ssh-keygen -t rsa

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/ec2-user/.ssh/id_rsa): 
Enter passphrase (empty for no passphrase): 
Enter same passphrase again: 
Your identification has been saved in /home/ec2-user/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/ec2-user/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
SHA256:AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA ec2-user@ip-192-140-1-1.ap-northeast-1.compute.internal
The key's randomart image is:
+---[RSA 2048]----+
|       .EooO=BOO=|
|        . Xo=+=**|
|        .+.+ ++++|
|        .+.+ ++++|
|       .+.+ ++++.|
|       . o  .    |
|        + .      |
|         o       |
|                 |
+----[SHA256]-----+

鍵が作成できました。
GitHubへの登録で利用するので公開鍵をcatした結果をコピーしておきます。

$ cat ~/.ssh/id_rsa.pub 
ssh-rsa AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA ec2-user@ip-192-140-1-1.ap-northeast-1.compute.internal

GitHubに鍵を設定する

先ほど作成した鍵をGitHubに登録していきます。
「Setting」→「SSH and GPG keys」とすすみ、 f:id:kabegiwakun:20180314232209p:plain
「New SSH key」を選択します。
f:id:kabegiwakun:20180314232449p:plain

catでコピーした公開鍵をKeyの部分に貼り付けて「Add SSH key」を選択します。
TItleはてきとーで大丈夫です。 f:id:kabegiwakun:20180314232935p:plain

ローカルリポジトリの作業

事前準備は以上で完了ですので実際にPushしていきます。

Pushしたいファイルをローカルリポジトリにaddする

git addを利用して最終的にGitHubにPushしたいファイルをローカルリポジトリにAddします。
今回はlambda_describe_tags_all.shというシェルスクリプトをAddしています。

$ git add ./lambda_describe_tags_all.sh

ローカルリポジトリにCommitする

さきほどAddしたファイルをCommitします。

$ git commit -m "Lambda関数のタグを一覧で出力する"

リモートリポジトリを設定する

リモートリポジトリの設定としてPushしたいGitHub上のリポジトリを指定してあげます。
例えば以下のリポジトリにPushしたい場合は、

github.com

こんなかんじでコマンドを実行してあげます。

$ git remote add origin git@github.com:takakabe/blog_shellscript.git

git@github.com:takakabe/blog_shellscript.gitの記述はGitHubのリポジトリの「Clone or Download」の赤枠のところをみればわかります。
f:id:kabegiwakun:20180314224128p:plain   

GitHubのリポジトリにPushする

さて、いよいよGitHubにPushしていきます。
以下コマンドを実行することでGitHubへファイルの更新を反映させることができます。

$ git push origin master

無事できました!
f:id:kabegiwakun:20180314234515p:plain

おわりに

GitHubをうまくつかっていきたいとおもいましたまる

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門〈GitHub、Bitbucket、SourceTree〉

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門〈GitHub、Bitbucket、SourceTree〉