かべぎわブログ

技術的なことについてかけたらいいな…

Cyberduckを利用してS3とファイルをやり取りしてみる

f:id:kabegiwakun:20171101215135p:plain

今回はCyberduckというGUIFTPクライアントツールを利用してAWS上のS3バケットとローカルでファイルのやりとりをしてみたいと思います。

準備

Cyberduckのダウンロード

以下からダウンロードできます。
WindowsMacか利用しているOSに応じてダウンロードCyberduckをダウンロード/インストールしてください。

https://cyberduck.io/index.ja.html?l=ja

CyberduckをS3とつなぐ

右上から「新規接続」を選択します。
f:id:kabegiwakun:20171101215812p:plain

どこに接続するのかを設定する画面が開くので上部のプルダウンメニューから「Amazon S3」をえらび、S3に接続するIAMユーザの「アクセスキー」と「パスワード」の欄にシークレットアクセスキーを入力します。
入力したら「接続」を選択します。
f:id:kabegiwakun:20171101220734p:plain

するとS3へ接続が行われ、バケットの一覧がでてきます。
f:id:kabegiwakun:20171101222245p:plain

バケット名をダブルクリックするとバケットの中身がみれます。
f:id:kabegiwakun:20171101222334p:plain

実際の操作

S3へファイルをアップロードする

ファイルをドロップするだけでS3へのアップロードが可能です。
f:id:kabegiwakun:20171101222621p:plain
f:id:kabegiwakun:20171101222635p:plain

S3からファイルをダウンロードする

ダウンロードしたいファイルを右クリックして「ダウンロード」でかんたんにダウンロードできます。
f:id:kabegiwakun:20171101222834p:plain

まとめ

マネジメントコンソールでもおなじようなことは可能ですが、このようなツールを利用することでより厳密なアクセス制限をかけることも可能なので検討してみるのもいいかもしれません。

Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで-

Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで-